RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
さよならとありがとうを。
久々の更新なのに重い話でごめんなさい。

昨日、ばーちゃんちの犬が亡くなりました。
こないだガンだと判明し、おかーさんから「行ける時会いに行きなさい」と言われたのがおととい。

昨日の朝、亡くなったと連絡が入りました。
13歳。シェルティーだから長く生きたほうだそうです。


子供のときからずっとおじさんちにいて、かわいいやつでした。
人の食べ物が大好きで、なんでもくれくれと周りをウロウロし、どんどんデブになり、一時期は「ブーちゃん」と呼ばれてました。
ブーちゃんと呼ばれて振り向いてしまうあたり、オバカさんでかわいいやつでした。


最近は脳がやられたり、目が悪くなったり、いろいろ病気をしてたんですが、行けばギャンギャン鳴いて迎えてくれて、帰りは「帰るなwww」とこれまたギャンギャン鳴いてくれました。これは昔っから変わりませんが。

おじさんがばーちゃんと一緒に住むようになり、前より近くにいるのでちょくちょく遊びに(昼寝しに)行ってたんです。
よくシッポ振りながら近寄ってきてくれたもんです。
靴下が大好きで、人の足を噛むのも好きでした。


命はこんなにあっけないんですかねぇ。
小さいころはあたしとおんなじように子供だったのにいつのまにか自分だけ年を取ってばあちゃん犬になっちゃって。
ちっさいころはめちゃんこかわいくてですね…最近はでかくなって枕にもなるよwwって感じでこれまたよかったんです。


うーん…さみしくなります。

おじさんたちは大丈夫だろうか。
子供がいないからエディー(犬の名前)が子供みたいなもんだったからなぁ。
ばーちゃんもさみしいだろうし。

親戚一同、エディーのことが大好きでした。
どんなに年をとっても、永久不変のアイドルだった。

ラッドは新曲で「命を大切にするように終わりをつくった」って言ってるけど大切にしてるのに終わりがくるっていうのはさみしいもんだよ。


大切な人が死ぬのはなんで悲しいのかなぁ。
きっと大切な人なんだから、だよね。

ばーちゃんちに行ったら、きっとエディーの面影の探すんだろう。


でも、きっといつまでも見守ってくれてるでしょう、人間が大好きなあのこなら。
author:飛鳥, category:これが日常, 21:21
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:21
-, -
Comment









Trackback
url: http://standinghere.jugem.jp/trackback/11